「バウハウスを知っているか?」を読む

「pen」という雑誌に「創設100周年 いま再び注目されるバウハウスを知っているか?」と題してあのバウハウスの特集をしていました。

2019年、芸術と技術との新たな統合を目指し、ひとつの学校が誕生した。
近代建築の巨匠、ヴァルター・グロピウスが創立した「バウハウス」だ。
先鋭的な造形教育で世を驚かせるも、33年、ナチスの圧政で閉鎖へ追い込まれる。
しかし、バウハウスは滅びない。その教育理念は優れた教授陣によって各地に伝わり、
新たな才能と結びついて、世界へ波及していったからだ。
マイスターと呼ばれた教授や、学生の建築・デザインは
いまもマスターピースとして愛され、我々の身近にある。
創設100年の記念の年、モダン・デザインの源流となった
革新的な学校と情熱を燃やした先人をたたえたい。

Pen No.471

ヴァルター・グロピウス、ヨハネス・イッテン、ヴァシリー・カンディンスキー、パウル・クレー、ルートヴィッヒ・ミース・ファン・デル・ローエ、などなど……。
バウハウスで教鞭をとった建築界や芸術界の巨匠たちが多数紹介されていて、かつては建築を志し、今は美術の世界で四苦八苦している自分にとって、感涙ものです。

日本国内でも、「バウハウス100周年で「バウハウス100ジャパンプロジェクト」が発足。巡回展や研究などを展開」となっているそうで、近くは静岡県立美術館にて、来年になってしまいますが、会期が2020年4月11日〜5月31日の予定で開催とのことです。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください