「奇想の系譜」を読みました

4月7日まで東京都美術館にて開催されていた「奇想の系譜展」に行こうとしたものの多忙につき、残念ながら断念。

小学館発行の「奇想の系譜」という書籍を購入して、読むことで満足することにしました。

しかし、読み進めば進むほど、満足するどころか興味は尽きないものになっていき、あの江戸時代に現代美術も顔負けのこのような芸術があったのかと驚くばかりでした。いや、まあ圧巻でした。私としては、まだまだ勉強不足を痛感。

そこで、今度は「奇想の系譜展」の図録も注文して取り寄せ、それもただいま読んでいるところです。

「奇想の系譜展」図録

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください