「十時孝好 動く風景 -立体でも平面でもない-」展を観にフェルケール博物館へ

静岡市清水区に長らく住んでいるのにも関わらず、本日、初めてフェルケール博物館に行きました。「十時孝好 動く風景 -立体でも平面でもない-」展の招待券をいただいたからです。
迫力あり、しかも緻密に描かれており、たいへん圧倒され、感銘いたしました。ウサギをモチーフにした絵画、立体がいちばんいいなと、個人的には思った次第です。
清水港に関する展示も、見学して、帰路に着きました。

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください